ホーム
ご挨拶
全消販の紹介
1.沿革
2.事業と目的
3.入会及び会員
4. 定款
5.組織
6.役員及び協会運営
7.本年度の主な活動
8.課題と展望
9.認定証及び既配布品
ダウンロードは
こちらから
PDF[4.2MB]
リンク
全消販斡旋及び推奨品
e-mail
ダウンロードには
Adobe Acrobat readerが
必要です。
Adobe PDF logo
 
一般社団法人
全国消防機器販売業協会

理事長 氏家 英喜
 全消販は、昭和56年2月に消防機器販売業者の資質の向上と業務の進歩改善と流通機構の正常化を図るとともに、地域住民の生命財産を守る消防機器の安全性、使用状況等の調査研究をおこない、防火意識の普及啓蒙を全国的視野に展開して社会公共の福祉に寄与することを目的とした任意団体を設立し、昭和61年7月1日に、総務省(元・自治省)の設立許可にて社団法人全国消防機器販売業協会が誕生しました。
 この間、消防庁・消防関係行政機関及び消防関係業界各位より、ご指導ご鞭撻をたまわり、また協会会員皆様のご理解ご協力をいただき、時代の要請に基づいた責務の遂行と活動を展開してきました。
 全消販は活動の第一として、消防法に基づく消防庁の住宅防火基本方針を会員と共に積極的に遵守協力していくこと、第二として、各関係行政機関及び関係団体との協力体勢をとり、全消販にて、「消防機器の研究・開発」、「消防・防災の機器の推奨製品の研究・案内」、「防火対策のための資料作成・配布」の実施を積極的におこない、消防機器販売業者の資質の向上を図ると共に社会の火災予防思想の啓発に貢献すること、第三として、不適正点検業者・販売業者への対応策を検討し、公的に対応参画すること、第四として、会員及び関係各業界団体と多くのセミナール・会合等を催し、意思の疎通を諮ることにより地域の活性化と資質の向上に機能すること。
 これらの業務計画を目的基盤として活動を実施することが協会の存在意義の原点確認となり、魅力ある全消販へ発展するよう取り組んでまいります。
 また、平成24年3月28日に、平成18年法律第50号第45条の規定に基づく内閣総理大臣の認可、同年4月1日付に一般社団法人への法人格移行いたしました。