ホーム
ご挨拶
全消販の紹介
1.沿革
2.事業と目的
3.入会及び会員
4. 定款
5.組織
6.役員及び協会運営
7.本年度の主な活動
8.課題と展望
9.認定証及び既配布品
ダウンロードは
こちらから
PDF[4.2MB]
リンク
全消販斡旋及び推奨品
e-mail
ダウンロードには
Adobe Acrobat readerが
必要です。
Adobe PDF logo
 
4.定款-1
一般社団法人全国消防機器販売業協会定款

第1章 総 則

(名称)
 第1条

この法人は、一般社団法人全国消防機器販売業協会と称する。
   
(事務所)    
 第2条

この法人は、主たる事務所を東京都中央区に置く。
2 この法人は、理事会の決議によって従たる事務所を必要な地に置くことができる。
   
(目的)
 第3条

この法人は、消防・防災の用に供する機器・設備等の販売、施工、点検等を営む者の資質の向上と、業務の進歩、改善を促 進し、流通機構の正常化を図るとともに、消防・防災の用に供する機器・設備等の安全性、使用状況等に関する調査研究 を行い、その向上を目指すことにより、国民の火災等の災害による被害を軽減し、社会公共の福祉の増進に寄与するこ とを目的とする。
   
(事業)
 第4条

この法人は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)防火・防災意識向上のための啓発及び普及 
(2)消防・防災の用に供する機器・設備等の販売、施工、点検等を営む者の資質の向上及び業務改善指導
(3)消防・防災の用に供する機器・設備等に関する調査、研究及び指導、助言
(4)消防・防災関係官庁及び関係団体との連絡・協調、並びに情報の収集及び提供
(5)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
2 前項の事業は、日本全国において行うものとする。

第2章 会 員
(種別)
 第5条

この法人の会員は、次の3種とし、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の社員とする。
(1)正会員   消防・防災の用に供する機器・設備等の販売、施工、点検等を営む者で、この法人の目的に賛同し、入会した個人又は法人
(2)賛助会員   この法人の事業を援助する目的で入会した個人又は法人
(3)名誉会員    この法人に特に功労のあった個人又は法人。
   
(入会)
 第6条

会員になろうとする者は、入会申込書を理事長に提出し、理事会の承認を受けなければならない。ただし、名誉会員に推薦された者は、入会の手続を要せず、本人の承諾をもって会員となるものとする。
   
(入会金及び会費)
 第7条 

会費は、理事会において別に定めるところにより、正会員にあっては入会金及び会費を、賛助会員にあっては会費を納 入しなければならない。ただし、名誉会員はこの限りではない。
2 会費は、会員となった日にかかわらず、前項に定める額とする。
3 特別の費用を必要とするときは、理事会の決議を経て臨時会費を徴収することができる。
4 会員が既に納入した入会金、会費その他の拠出金品はこれを返還しない。
5 会員が退会後又は除名後においても、その会員の未納会費等又は法人に与えた損害に対して、それを請求し又は賠 償を要求するものとする。
   
(資格の喪失)
 第8条

会員は、次の事由によってその資格を喪失する。
(1)退会したとき
(2)成年被後見人又は被保佐人、被補助人となったとき
(3)個人会員が死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は会員である法人又は団体が解散したとき
(4)総正会員が同意したとき
(5)除名されたとき
   
(任意退会)
 第9条

会員が退会しようとするときは、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。
2 また、2年以上会費を滞納した会員は、退会届を理事長に提出して、任意退会とすることができる。
   
(除名)
 第10条

会員が次の各号の一に該当するときは、総会において除名することができる。
この場合その会員に対し、決議の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)この法人の名誉を傷つけ、又はこの法人の目的に違反する行為があったとき
(2)会員としての業務に違反したとき
(3)会費を2年以上滞納したとき